FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
フェチ 手ならこれ! ハンナラ党、新院内代表に安商守議員を選出
2007年8月発売コミックよろしければお手を拝借【0827秋先2】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000031-yonh-kr
【ソウル27日聯合】ハンナラ党は27日、院内代表に国会法制司法委員長を務めている安商守(アン・サンス)議員を選出した。安議員は院内代表を決める党内選挙に単独で出馬しており、同日に開かれた議員総会では出席議員95人の拍手の中、無投票で院内代表に決まった。任期は1年間となる。



 慶尚南道馬山出身の安議員は、検事と弁護士などを経て第15代国会議員総選挙に出馬し政界入りした。李会昌(イ・フェチャン)元総裁の特別補佐官や党報道官などを歴任している。


ハンナラ党新院内代表、安商守議員に事実上確定
ハンナラ党は首脳会談障害狙っている、北朝鮮が批判
記者室統廃合は「独裁的発想」、ハンナラ党が攻勢
李明博候補、ハンナラ党の改革を訴える
南北首脳会談は次期政権で、ハンナラ党が提案






◆フェチ 手関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
[PR]

フェチ 足の・・・キーコーヒー、喫茶店用苦戦…「家庭用」で巻き返しへ
★税込3150円以上で送料無料★石澤研究所 ジェオマール タラソ スクラブ T 40g
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070827-00000940-san-bus_all
■商品群を全面刷新
 レギュラーコーヒーの製造販売大手、キーコーヒーが家庭用事業の強化に乗り出している。新ブランドの直営店「K++(ケイプラス)」を展開する一方、競争が激化している簡易抽出型レギュラーコーヒーの商品群を全面改良し、9月1日発売する。ドトールコーヒーやスターバックスコーヒーなど、カフェチェーンの攻勢で主力の喫茶店用事業が苦戦を強いられる中、家庭用市場の掘り起こしで巻き返しを図る狙いだ。(小島清利)
 ケイプラスは、関東の大型ショッピングモールの開設に合わせ、昨夏から展開し、現在3店舗ある。


コーヒー豆を100グラム入りのペットボトルに詰めて店頭に並べるユニークな販売方法が特徴だ。「朝」「午後」「夕方」「リラックスタイム」と日常の時間帯でボトルを色分けし、100グラム483円から945円の18種類の商品をそろえている。
 JR川崎駅前のショッピングモール「ラゾーナ川崎プラザ」にあるケイプラス。人通りが多いこともあり、週末には1日120~130本の売り上げがあるという。大木恵美子店長は「コーヒー豆がペットボトルに入っているので、店頭で手にとって選んで頂けるのが好評です」と話す。
 また、他の店舗では、家庭でもレギュラーコーヒーを楽しんでもらえる顧客層を広めようと、カフェを併設している店舗もある。「カフェのメニューなどを再検討したうえで、新規出店を計画中」(キーコーヒー家庭用営業本部の川原淳一係長)だという...

ニュースの続きを読む






◆フェチ 足関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません

フェチの話題なら・・・第5回 バベルの塔・そのI
タオルズ/純情フェチ
(小田中直樹の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」第4回より続く)
前回話題にしたドーデ「最後の授業」を、知ってる読者の皆さんはおもいだしてほしい。この小説を読んでもっとも印象的な場面のひとつは、アメル先生が「民族が奴隷になっても、自分の国語を守ってさえいれば、牢屋のかぎを手中にしているようなものです。ですからフランス語を忘れず、しっかりと守りましょう」と語るところだろう。アメル先生のお言葉を要約すれば、さしずめ国語は牢屋のカギだ!! 民族の文化の魂は国語にある!! という感じか? しかし、こりゃほとんど国語フェティシズム(いわゆる「フェチ」)である。【1】
 実際、フランス人はフランス語にものすごい情熱と精力をかたむけてきた。


すでに16世紀、フランス語を純化することを任務とする機関(アカデミー・フランセーズ)が設置され、公用文書はフランス語で書かれるべきことを定める法律(ヴィレル・コトレ王令)が発布されるってんだから、そのフェチぶりはただものではないな、おぬしら。そして、19世紀になると、あちらこちらの学校でかの「罰札」制度が導入され、フランス語を話すことがこどもたちに強制されてゆく……のだが、これは、学校で方言をしゃべったこどもは首に札をかけられ、別のこどもが方言をしゃべってるのをみつけたらそれをわたすことができ……というのをくりかえし、最後に札をかけていた子供が罰されるという、じつに陰険な制度だぜ!! ちなみにこの罰札、明治維新後の日本の学校にも導入されたので、ぼくらにとってもまったくの他人事ではない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






◆フェチ関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません

フェチの・・・ドラミが行く!<海の中にあるオルガンとは何ぞや!? in クロアチア>
ランティス 「俺フェチ」ドラマCD
旅をすると教会などにあるパイプ・オルガンに目が向くのは私だけではないだろう。
しかしながら今回は世にも珍しい「海オルガン」の音色を聴いてきた!

▼<海の中にあるオルガンとは何ぞや!? in クロアチア>
【フォト・アルバム】
http://www.barks.jp/feature/?id=1000033821


シー・オルガン(The Sea Organ)は波によって運ばれた空気と水量から音を生み出す機能であり、見た目は階段に縦10cm,横5cm程度四方の穴がポコポコ空いているだけなのだが、波の大小に併せて音色が変化するのが面白い。
穏やかなときは「ボー」と小さめに鳴り、大波が来ると「ボバー」という。

私の表現力が乏しいと思われた方はぜひご自身で確かめに行って欲しい。




波の音には幾度も癒されてきてはいたけれど、海オルガンの音は今まで耳にしたことがない、初めて聴く音だった。不思議な音で魅力的だと思った。

これは2005年4月に世界的にも有名な建築家であるニコラ・バシックのクロアチアにある港町・ザダー(Zadar)の復興プロジェクトの一環として建てられたもので、昨年のEuropean Prize for Urban Public Spaceとして受賞するなど今では観光名所のひとつになっている。

先日書いたUB40のメンバーがプロデュースするバー<The Garden Zadar>からも徒歩で行ける場所なのでオルガン・フェチのあなた! 来年の夏、もしくはこれから夏休みという人にお薦めしまする。

■The Sea Organオフィシャル・ウェブサイト http://www.seaorgans.com/

文●早乙女doraゆうこ



▼ 早乙女“ドラミ”ゆうこ
http://www.barks.jp/artist/?id=1000001957

(引用 livedoorニュース)






◆フェチ関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません

Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi