FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌えインフォメーション:【スマックガール】12・26女王の辻結花、ハム・ソヒの印象は「若い」
 デ・ジ・キャラットにょ プリンセススクールBOX(初回限定生産) / Di Gi Charat
 12月26日(水)東京・後楽園ホールで開催される株式会社スマックガール主催『SMACKGIRL 7th ANNIVERSARY~Starting Over~』の記者会見が、3日(月)東京・お台場のフジテレビ本社で行われた。

 BSフジでのテレビ放送が始まる今大会は7周年記念大会ということで、スマックガールの主力メンバーがズラリと勢揃い。メインイベントでは、現在のスマックの顔とでも言うべきスマックガール初代ライト級の“絶対女王”辻結花(総合格闘技闇愚羅)が、“韓流萌え系ファイター”ハム・ソヒ(韓国/CMA KOREA争心館)を挑戦者に迎えて防衛戦を行う。






 会見に出席した辻は「7周年記念大会でメインをやらせていただいて、大変光栄です」と挨拶。「(ハム・ソヒと)やらないかと言われたので、私的にはやってもやらなくてもどっちでもよかったんですけど、(同門の)Edgeが負けているし、やるならタイトルを賭けて賭けてやろうと思いました」と語る。

 ハム・ソヒは今年2月16日のDEEPに初来日、DEEP女子ライト級王者(当時)の渡辺久江を打撃で圧倒し、まさかの敗北を味わわせて一躍脚光を浴びた。続く5月13日のclubDEEPでは善戦するもMIKUに一本負けを喫したが、7月23日のCMAフェスティバルではキックルールではあったが体格で上回る藪下めぐみを寄せ付けずに勝利。そして、9月6日のスマックガールに初参戦し、辻の妹分であるEdgeをやはり打撃で圧倒して勝利を奪っている。

 その挑戦者を迎え撃つ辻は、ハム・ソヒの印象を聞かれると「若い」と一言のみで答えた(ハム・ソヒは20歳)...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




スポンサーサイト
[PR]

萌えインフォメーション:「伊豆の踊子」はロリ萌え小説だった!?
 ストラトス・フォー アドヴァンス 完結編(1)CODE:207「CROSS-WIND TAKE OFF」 初回...
 今やアキバ系にとどまらず、ほのかな恋愛感情や軽い欲情を意味する言葉として広く使われるようになった「萌え」。この「萌え」こそ近代文学の大テーマのひとつだった――という視点で名作を紹介する、ユニークな文学ガイドが刊行された。 牧野武文著「萌えで読みとく名作文学案内」(インフォレスト 1500円)には、志賀直哉が幼女誘拐妄想を書いた「児を盗む話」から、太宰治がエンコー少女を描く「お伽草子」、川端康成のロリータ萌え話「伊豆の踊子」、バタイユの文学的ポルノ「眼球譚」まで全24編がズラリ。




各作品のエロ要所を引用し、作家の“萌え”タイプを分析しながら解説する。【2007年11月30日掲載】

(引用 livedoorニュース)




Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi