FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
フェチの話題なら・・・<韓国大統領選>北朝鮮、李明博氏の対北政策を静観の構え
50%OFF!年末在庫一掃セール!!ドミニク・ローランニュイ・サン・ジョルジュジュ・プルミエ・ク...
 【北京・西岡省二】李明博氏は、対北朝鮮政策では核廃棄という前提条件付きながらも南北経済協力事業に積極姿勢を見せている。10年間続いた対北包容政策(太陽政策)が大転換される可能性は低い。北朝鮮は当面、李明博氏の対北政策のスタンスを静観するとみられる。

 北朝鮮は大統領選で金大中(キムデジュン)前大統領と盧武鉉(ノムヒョン)大統領の太陽政策の継承・発展を掲げた鄭東泳(チョンドンヨン)氏の当選を望んだ。しかし、鄭氏の支持率が伸び悩んだ選挙戦終盤は見切りをつけ、北朝鮮国内メディアは北朝鮮に強硬姿勢を見せる李会昌(イフェチャン)氏への批判だけを繰り返して李会昌氏の当選阻止に力を注いだ。




 李明博氏は太陽政策の全面継承に否定的だが、ハンナラ党内では対北柔軟路線を取る。かつて大物財界人らしく、北朝鮮について「開発の可能性を秘める」と見込む。

 特に10月の南北首脳会談で経済分野を中心に具体的な合意が進められたことから、李明博次期政権がそれをより迅速に具体化するよう働きかけを強めるだろう。

 6カ国協議は合意した北朝鮮の「すべての核計画の完全かつ正確な申告」が焦点だが、米朝間の調整が順調に進まず、年内実現は困難な情勢だ。テロ支援国家指定解除の手続きも滞っており、米朝対話ムードにかげりが見え始めた。米国との関係改善に向けた交渉が正念場を迎える中、北朝鮮にとって対米交渉に余裕を持たせるため南北関係の現状維持は不可欠だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

フェチの・・・<韓国大統領選> 10年ぶりの政権交代、過去の審判と未来の選択
ホレた奴が悪いんだ!
【ソウル19日聯合】国民はついに政権交代を選択した。1年6か月にわたり激しく展開された選挙戦は「李明博(イ・ミョンバク)大統領時代」を開いた。特に李明博氏が1987年の大統領直接選挙制の復活後、大統領選では過去最大の票差をつけ当選したことは、新たな変化を望む現在の国民の考えを克明に示すものだ。「李明博圧勝」に要約される第17代大統領選の結果が韓国の政党史と選挙史に投げかける意味は大きい。
 今回の大統領選で現れたキーワードは、「政権交代」だ。李承晩(イ・スンマン)政権当時から全斗煥(チョン・ドゥファン)軍事政権、盧泰愚(ノ・テウ)政権、金泳三(キム・ヨンサム)政権に至るまで保守政権が握っていた権力は、1997年の大統領選で金大中(キム・デジュン)政権に移動し、建国以来初めて与野党間の水平政権交代が実現した。


今回の選挙で10年ぶりに保守政党が権力の中心に移動することになるが、これは地域的には湖南地方中心の執権与党を母体としていた金大中政権、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権から、嶺南地方中心のハンナラ党に権力が回帰したことを意味する。ただ、この過程で、2002年の大統領選挙まで死活をかけて行われていた進歩層と保守層の理念対決構造は弱まり、地域間・世代間の考え方の違いも相対的に緩和される様相を見せたことが新たな特徴だ。

 李明博氏は、湖南でも保守陣営候補としては過去2回の大統領選挙よりも比較的高い支持率を記録した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。