FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌えピックアップ!
【新色追加】萌え~クラシカルメイド服3点セットパニエ付き 3L 5L
 萌えるビジュアルマガジン「電撃萌王 2月号」(メディアワークス刊)が、本日12月26日に発売された。価格は980円(税込)。

 今号の巻頭特集では、発売されたばかりのOVA「こはるびより」第1~3話のストーリーをダイジェストで紹介。また前号に続いて「こはるびより」から、ウェイトレスのコスチュームに身を包んだ“みのり”のフィギュアが付属する。さらにスペシャル通販として、人気原型師・バサロキック氏による「ゆいのセクシー着せ替えフィギュア」の申し込みも可能だ。

 人気のオリジナルアイテム誌上通販コーナーでは、3つのテレホンカードを用意。1つ目は今号の表紙イラストを使用したもので、2つ目はPOP氏描き下ろしの「THE ART OF もえたん」の扉イラストを使用したテレホンカード。最後は、電撃15年祭で好評を博した「15歳萌えテレホンカード」となっている。この機会を逃すと入手が難しくなる逸品ばかりなので、気になった人は申し込んでみよう。

 この他にも、鈴平ひろさんがキャラデザを手掛けた企画「R・G・B!」や、「JINKI GALS COLLECTION」など、今月号も萌えるイラストや企画が満載。




加えて「こはるびより」や「乃木坂春香の秘密」、「おまかせ! さやなのもえろ部」など人気連載作品が目白押しの「電撃萌王 2月号」は本日発売!
「電撃萌王 2月号」
■価格:980円(税込)
■発売日:発売中(2007年12月26日)
※偶数月26日発売発売(次号は2008年2月26日発売予定)

■関連サイト
・「電撃萌王」公式サイト
・「電撃萌王」ブログ
・メディアワークス
 
表紙イラストは、OVAが発売された「こはるびより」の“ゆい”と“みのり”...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【絶対お買得♪】コスプレ★メイド服☆フランソワメイド

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト
[PR]

萌え速報!-【週間ランキング】2007年12月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
【絶対お買得♪】コスプレ★メイド服☆フランソワメイド
アキバ総研(ホビー、イベント・はみだし情報・コスプレ・グルメ)の2007年12月第3週(12月16日-12月22日)の記事でアクセス数の多かった人気記事をご紹介! 1位
アキバ-ホビー
「CLANNAD-クラナド-」DVD第1巻発売! 秋葉原の各店には、智代・杏・ことみなどのキャラPOPが大量に(12月19日) 関連リンク
「CLANNAD-クラナド-」OP・ED収録CD「メグメル/だんご大家族」発売! ボーナストラックには「少女の幻想」リミックス版 2位
アキバ-ホビー 「こどものじかん」DVD第1巻発売! 初回特典は20,000セット限定ランドセル型DVD-BOX …「美しい国\(^o^)/ハジマタ」(12月21日) 関連リンク
CM's「こどものじかん 九重りん ほぼ等身大フィギュア」彩色済サンプルがとらのあな本店で展示中! 3位 萌えフィギュア" src="http://akiba.kakaku.com/data/imgs/saved/akiba20071219_0127s[1].jpg" >
アキバ-ホビー
名雪、川澄舞、スバル、愛佳、ノリコ、大河、不知火舞、ナコルル他 最近発売となった注目の萌えフィギュア(12月19日) 関連リンク
名前のない女、長曾我部、ダンテ、水瀬伊織、エトナ、アリカ、アカネ、ヨーコ他 最近発売となった注目の萌えフィギュア 4位
アキバ-グルメ 週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2007年12月第2週号(12月18日) 関連リンク
週刊アキバメシ(秋葉原の食事処情報) 2007年12月第1週号
5位
アキバ-はみだし
ゲーマーズ本店で見かけた、「SchoolDays」病んだ言葉様POP(12月19日) 関連リンク
School Days「ラストがアレ」「鮮血ENDを期待」 アニメから入る人に一言「覚悟して見ろ!」
【関連記事】
□アキバ総研ホビー
□アキバ総研イベント
□アキバ総研はみだし情報
□アキバ総研コスプレ
□アキバ総研グルメ
□アキバ総研コラム
□アキバ総研PCパーツ
□アキバ総研店舗お得情報



□【週間ランキング】2007年12月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年12月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年11月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年11月第5週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年11月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年11月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年11月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年11月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年10月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年10月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年10月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年10月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年10月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年9月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年9月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年9月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年9月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年9月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年8月第5週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年8月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年8月第3週・4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年8月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年8月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年7月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年7月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年7月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年7月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年7月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年6月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年6月第5週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年6月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年6月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年6月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年6月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年5月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年5月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年5月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年5月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年5月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年4月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年4月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年4月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年4月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年4月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年3月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年3月第5週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年3月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年3月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年3月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年3月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年2月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10
□【週間ランキング】2007年2月第4週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年2月第3週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年2月第2週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【週間ランキング】2007年2月第1週のアキバ総研ホビー系人気記事トップ5
□【月間ランキング】2007年1月のアキバ総研ホビー系人気記事トップ10


【価格.com関連リンク】
□クチコミ掲示板:アキバ-アキバ総合
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ
□クチコミ掲示板:アキバ-ホビー
□クチコミ掲示板:アキバ-グルメ
□クチコミ掲示板:アキバ-ゲーム
□クチコミ掲示板:アキバ-イベント
□クチコミ掲示板:アキバ-コスプレ


(引用 livedoorニュース)


萌え~☆2Wayゴスロリレースワンピース3点セット☆ベロア生地★コスプレ衣装 3L 5L 1225thanks10

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


萌え関係ネタ発見! 「らき☆すた」DVD第7巻発売! 「みwiki」こと高良みゆきの「おもち、うにょーん」POP
浜田翔子/コスプレ☆トランス 歌いましょーこ(DVD付)
テレビアニメ「らき☆すた」DVD第7巻が発売となった。


テレビアニメ「らき☆すた」は美水かがみによって月刊コンプティークに連載中の同名の四コマ漫画を原作とした、女子高生たちの「まったり」「ゆる~い」日常生活を描いたアニメ。地上波では2007年4月から9月に放送され、オタク少女「泉こなた」を中心に、さまざまな萌え属性を持ったキャラクターが小ネタやパロディを淡々と、時にはシュールに展開していくスタイルで人気を博した。また、エンディングに白石みのる役の声優「白石稔」の体を張った実写映像を用いたり、主人公「泉こなた」を人気声優の平野綾さんが演じているなど、声優ファンからの注目も集めていた。






秋葉原では「第1次らき☆すた大戦(オープニングテーマ発売時)」「第2次らき☆すた大戦(DVD第1巻発売時)」「もってけ!セーラーふくをみんなで買おうOFF」が発生し、オープニングテーマ「もってけ!セーラーふく」はオリコンウィークリー初登場2位を記録。累計売り上げも16.2万枚に達し、2007年度オリコンシングル年間チャート40位にランクインするなど今でも何かと注目されている。

今回発売となった「らき☆すた」DVD第7巻は、本編第13話「おいしい日」、第14話「ひとつ屋根の下」、映像特典として名場面カット集、メイキング映像(「白石みのるの冒険)」を収録しており、特典として特製8ページカラーブックレットが封入されている。限定版にはBGM&ラジオ番組「らっきー☆ちゃんねる」のダイジェストを収録したスペシャルCDとミニゲームCD-ROM「らき☆すたの森」が同梱される...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


萌え~☆2Wayゴスロリレースワンピース3点セット☆ベロア生地★コスプレ衣装 3L 5L 1225thanks10

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


フェチインフォメーション:SとかMとか○○フェチとか人はなんで言いたがるの?
【DVD】長身×美形×美脚尻×コスプレ PART1/星優乃
清純そうなアイドルが、TVのトーク番組で「私Sなんですよ~☆」なんてさらっと言っちゃう昨今。日常会話のなかでも、「自分ドMっスから!」とか耳にする機会がずいぶん増えたけど…人はなぜ“SかMか”を語りたがるようになったのか? 性科学に詳しい精神科医の針間克己先生に聞いてみた。

「サディズムとは“性的快楽を得るために、何かを虐待する加虐嗜好”であり、マゾヒズムは“辱めを受けたり、自らを傷つけて性的快楽を得る被虐嗜好”ですが、最近では単に人格の特性を表す一般語として使われていますね」

確かに、本当にSM的な嗜好を持っている実践派は多くないと思いますが…。

「人間関係において“平等”を保つのは難しいのですが、支配と従属という形で役割をハッキリさせると、安定して維持しやすくなります。


漫才のボケとツッコミのように、各人が自分の特性を明確にすることで社会的な役割分担ができ、人間関係が円滑になる効果はあるといえるでしょうね」

では、いろいろな趣味や嗜好を“○○フェチ”と表現したがるのは?

「フェティシズムとは、本来は生命のない物品に対して強い性的嗜好を持つことを意味します。たとえば、過去にハイヒールにまつわる性的な出来事を経験した人が、ハイヒールを見るだけで興奮する…といったようなケースですね。そのモノの背景にある個人的な幻想に性的な快楽を見いだすのが、フェティシズムの基本的な仕組みなんです」

性的嗜好の表現以外に使うのは間違い?

「性愛に直結しない要素に快楽を感じる傾向は、人間なら誰でも多少は持っています...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




性的嗜好の話題なら・・・【コラム】 SとかMとか○○フェチとか人はなんで言いたがるの?
バイアスフリーの英語表現ガイド
清純そうなアイドルが、TVのトーク番組で「私Sなんですよ~☆」なんてさらっと言っちゃう昨今。日常会話のなかでも、「自分ドMっスから!」とか耳にする機会がずいぶん増えたけど…人はなぜ“SかMか”を語りたがるようになったのか? 性科学に詳しい精神科医の針間克己先生に聞いてみた。

「サディズムとは“性的快楽を得るために、何かを虐待する加虐嗜好”であり、マゾヒズムは“辱めを受けたり、自らを傷つけて性的快楽を得る被虐嗜好”ですが、最近では単に人格の特性を表す一般語として使われていますね」

確かに、本当にSM的な嗜好を持っている実践派は多くないと思いますが…。

「人間関係において“平等”を保つのは難しいのですが、支配と従属という形で役割をハッキリさせると、安定して維持しやすくなります。




漫才のボケとツッコミのように、各人が自分の特性を明確にすることで社会的な役割分担ができ、人間関係が円滑になる効果はあるといえるでしょうね」

では、いろいろな趣味や嗜好を“○○フェチ”と表現したがるのは?

「フェティシズムとは、本来は生命のない物品に対して強い性的嗜好を持つことを意味します。たとえば、過去にハイヒールにまつわる性的な出来事を経験した人が、ハイヒールを見るだけで興奮する…といったようなケースですね。そのモノの背景にある個人的な幻想に性的な快楽を見いだすのが、フェティシズムの基本的な仕組みなんです」

性的嗜好の表現以外に使うのは間違い?

「性愛に直結しない要素に快楽を感じる傾向は、人間なら誰でも多少は持っています...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


サイケ

◆性的嗜好関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません

サイケ

Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi