FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
フェチの・・・<韓国大統領選> 10年ぶりの政権交代、過去の審判と未来の選択
ホレた奴が悪いんだ!
【ソウル19日聯合】国民はついに政権交代を選択した。1年6か月にわたり激しく展開された選挙戦は「李明博(イ・ミョンバク)大統領時代」を開いた。特に李明博氏が1987年の大統領直接選挙制の復活後、大統領選では過去最大の票差をつけ当選したことは、新たな変化を望む現在の国民の考えを克明に示すものだ。「李明博圧勝」に要約される第17代大統領選の結果が韓国の政党史と選挙史に投げかける意味は大きい。
 今回の大統領選で現れたキーワードは、「政権交代」だ。李承晩(イ・スンマン)政権当時から全斗煥(チョン・ドゥファン)軍事政権、盧泰愚(ノ・テウ)政権、金泳三(キム・ヨンサム)政権に至るまで保守政権が握っていた権力は、1997年の大統領選で金大中(キム・デジュン)政権に移動し、建国以来初めて与野党間の水平政権交代が実現した。


今回の選挙で10年ぶりに保守政党が権力の中心に移動することになるが、これは地域的には湖南地方中心の執権与党を母体としていた金大中政権、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権から、嶺南地方中心のハンナラ党に権力が回帰したことを意味する。ただ、この過程で、2002年の大統領選挙まで死活をかけて行われていた進歩層と保守層の理念対決構造は弱まり、地域間・世代間の考え方の違いも相対的に緩和される様相を見せたことが新たな特徴だ。

 李明博氏は、湖南でも保守陣営候補としては過去2回の大統領選挙よりも比較的高い支持率を記録した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi