FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
萌え関係ネタ発見! 『恋空』を読む(1):ケータイ小説の「限定されたリアル」
でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 [野中藍 ]LOVE@MESSENGER【CD★アニメ・ゲーム】 KINGRECORD KIC...
(これまでの濱野智史の情報環境研究ノート」はこちら)■1. 分析を始める前に――『恋空』に対する2つの立場ずいぶんとは過ぎてしまった感はあるのですが、今回は少し趣向を変えて、2007年に話題を集めたケータイ小説作品、『恋空』(スターツ出版、2006年)について分析してみたいと思います。さて、分析を始める前に、いくつか確認しておきたいことがあります。昨年から(おそらく映画が公開されヒットを記録したのを境に)、ネット上では――ケータイ小説のメイン読者層ではなかった人々の間で――、この作品をどのように位置づけるのかをめぐって議論がなされていました。筆者もそのすべてをきちんとフォローしているわけではありませんが、ある程度概観しておくならば、それは大きく二つの立場に分けることができます。




第一の立場は、その小説の内容について、「『恋空』クソすぎワロタwww」などと嘲笑するというものです。『恋空』のあらすじは、高校生のカップルの間に、「レイプ」「妊娠」「駆け落ち」「中絶」「自殺未遂」「難病」といった事件が次々と連続するというもので、嘲笑の矛先は、ますその「短絡的」かつ「典型的」なストーリー展開に向けられました(たとえばその例として、「F速VIP(・ω・)y-~ 「恋空」があまりにも酷い件について」の要約テンプレを参照のこと)。こうした嘲笑的な言説の多くは、2ch系ニュースサイトやAmazonレビューなどの場所を中心に、ある種の「炎上」や「コメントスクラム」に近い形で散見されましたが(たとえば切込隊長氏によるまとめ)、この作品に向けられた嘲笑は、単にその「内容」のクオリティに向けられたというよりも、それほどまでに短絡的で典型的なストーリーであるにもかかわらず、「感動した」「泣いた」という絶賛レビューを書き連ねる、『恋空』のファン読者層に向けられたものでした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 らき☆すた キャラソン Vol.4 高良みゆき(遠藤綾) 【CD★アニメ・...

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。