FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌えピックアップ!
★大ヒット∞(無限)プチプチに、アキバ系萌えバージョン登場★無限プチプチ・ぷち萌え ツンデレ...
 文化庁と国立新美術館、CG-ARTS協会が主催するコンテンツの祭典「第11回文化庁メディア芸術祭」が、2月6日から東京・国立新美術館で開幕した。会期は17日までで、入場は無料。

 アート・アニメマンガ・エンターテイメントの4部門を中心に、国内外の優れたコンテンツを紹介・表彰する文化庁メディア芸術祭――今年は会場を国立新美術館に移し、より大規模な展示を展開するほか、作品の上映やシンポジウムの開催など、会期中にはさまざまなイベントが用意されている。

 海外作品が比較的多く見られたアート部門では、イタリアのソニア・チッラリさんの作品「Se Mi Sei Vicino(If you are close to me)」(セ ミ セイ ヴァチーノ/イフ ユー アー クロース トゥ ミー)に注目が集まっていた。




装置中央のパフォーマーに人が触れたり近づいたりすることで、背景のグラフィックがさまざまに変化する作品だ。

 会場ではプロの作品だけでなく、学生達の若い才能を見ることもできる。「第13回学生CGコンテスト」のインタラクティブ部門最優秀賞を獲得した、関根雅人さんの「ene-geometrix.02」(エネジオメトリクスゼロツー)は、液体を加熱・冷却することで起こる“熱流動”を可視化した作品。正方形の容器に銀色のパウダーが混ざったシリコンオイルを満たし、それを部分ごとに加熱・冷却することで、熱源の周辺や対流の境目などに複雑な模様が浮かび上がる。

 海外にもたくさんのファンを持つ日本のマンガ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


∞プチプチ ぷち萌え 4種セット《予約商品03月発売》

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi