FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌えについてのメモ。
▼可愛いメイド姿にイメージチェンジ♪恋人も大興奮のメイド服「萌エンジェル」(3種類のうちい...
   未成年の少年少女が斧やナイフで家族を殺すというショッキングな事件が相次いでいる。そのたびに問題とされるのが、残虐な場面を含むアニメや漫画の影響だ。ときにはアニメ番組が放送休止になる場合もあるが、「過剰反応ではないか」との声もある。最近、事件との関連で注目された「ひぐらしのなく頃に」について、アニメやゲームなどのサブカルチャーに詳しい東京大学大学院情報学環の吉田正高・特任講師に聞いた。 同人ゲームから始まって、漫画、アニメ、小説へと展開――2007年9月に京都府京田辺市で16歳の少女が父親を斧で殺害するという事件が起きましたが、その影響でアニメ番組の「ひぐらしのなく頃に」と「School Days(スクールデイズ)」が放送休止に追い込まれました。




また08年1月上に青森県八戸市で、18歳少年が母親と弟と妹を殺害する事件が起きたときは、「ひぐらし」と思われる漫画本が警察に押収され、事件と漫画の関連性が取り沙汰されました。

   吉田先生は「ひぐらし」について特に詳しいと聞きましたので、今回は「ひぐらし」に的を絞ってお聞きしたいと思います。そもそも、「ひぐらしのなく頃に」とはどんな作品なのでしょうか?吉田 「ひぐらしのなく頃に」というのは、もともと「07th Expansion」という同人サークルが作ったゲームから始まった作品です。2002年夏のコミックマーケットで、第1話にあたる「鬼隠し編」が発表されたのが最初です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


店長イチ押し商品!メール便で発送します!★送料無料!店長イチ押し★ 神羅万象チョコ第三章...

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi