FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌えピックアップ!
【PC】萌える学習キット ~もえがく~強化版
クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(2):シンガーに断られ、専門紙に苦笑され、音にこだわるミュージシャンには見向きもされなかった。「初音ミク」、大ヒットまでの道のり。連載第2回。

●クリプトン・フューチャー・メディアに聞く

 世界初のボーカロイドは、まるで売れなかった。

 ボーカロイド(VOCALOID)は、「初音ミク」に採用されている、ヤマハの音声合成ソフト初期版。人の声を元に歌声を合成して自由に歌わせることができる、声のバーチャルインストゥルメント(仮想楽器)だ。

 世界初のボーカロイド製品は「LEON」(男声)と「LOLA」(女声)。メロディーと英語詞を打ち込むとそのまま歌うソフトで、2004年3月に英ZERO-Gが発売したが、まったく売れなかった。






 その8カ月後に出した日本初のボーカロイド「MEIKO」(女声)は大ヒットした。開発したのはクリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)。1000本売れたらヒットと言われるバーチャルインストゥルメント市場で約3000本(当時)売り上げ、新記録を打ち立てた。

 だが次の「KAITO」(男声)はまるでダメ。06年2月に発売し、500本(当時)しか売れなかった。

 3人めとなる「初音ミク」のメガヒットまで、1年半を待つことになる。

●プロは見向きもしないが

 「どんな技術でも『一発目は外すの法則』かな」。クリプトンの伊藤博之社長(42)は言う。

 「LEON」と「LOLA」がコケた理由は、いろいろ考えられる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【送料無料】ベストアルバム(1) / UNDER17

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi