FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌えの・・・京都大学入試シーズンの風物詩・折田先生像、今年は「てんどんまん」
萌えきゅん Vol.13[DVD]


京都大学構内には「折田先生像」と呼ばれる銅像があって、いろいろな落書きがされていました。あまりに落書きが相次いだため、1997年に銅像は大学が施設内に保管するようにしたのですが、以後もハリボテで台座まで作った像が毎年にように登場するようになり、今や入試シーズンの風物詩のようになっているそうです。

今年も例年のごとく「折田先生像」が登場しました。今年は「それいけ!アンパンマン」のキャラクター、てんどんまんに扮していました。もはやオリジナルとは別物なのに「折田先生像」と呼ばれているのは伝統でしょうか。

詳細は以下の通り。
「てんどんまん」に大変身 京大の折田先生像 受験生を出迎え

登場したのは2月25日で、ちょうど2次試験の日だったので受験生が不思議そうに像を眺めていたそうです。






ハリボテの元になった折田先生というのは第三高等学校(のちに京都大学の一部となる)の初代校長・折田彦市のことで、業績をたたえて1940年に銅像が設置されました。像は戦争中に金属回収で撤去されましたが、1955年に無事再建されました。

落書きは1986年に「怒ってゐる」「怒る人」などと題されて顔を赤くスプレーされたものが確認されている中では最も古く、それ以降さまざまな落書きがされるようになりました。最初はただスプレーで色をつけたり、ものをかぶせたりするだけだったのですが、やがて合成樹脂製の腕を取り付けたりするなどエスカレート、銅像は1997年3月に大学当局によって総合人間学部図書館の地下に保管されることになりました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


UNDER17/ベストアルバム(1)

◆萌え関連ブログ記事関連のブログ最新記事はありません


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi