FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
中国残留孤児訴訟:地裁で原告敗訴(その1) 胸いっぱいの期待、裏切られ /広島
2個以上で送料無料♪女性の魅力は胸元から♪【ティリス ドゥ ローズ】「おっぱい神社」でお祈...
 「これまでの人生は一体何だったのか」――。25日にあった中国残留孤児広島訴訟の判決で、広島地裁は原告の訴えを棄却した。日本語が不自由で判決が理解できない原告らはただぼうぜんと立ち尽くすばかりだった。閉廷後、通訳により初めて判決を理解した原告らは涙を流し、言葉を詰まらせた。【下原知広、吉川雄策、重石岳史、井上梢】
 ◇「もう流す涙もない」 原告ら、放心と怒りと
 地裁304号法廷は、期待に胸を膨らませた原告や弁護士、支援者らでいっぱいだった。午後3時。張りつめた空気の中、野々上友之裁判長が判決文を代読した。「原告らの請求をいずれも棄却する」。日本語を理解できない原告らは判決を理解できず放心した様子だった。
最新おっぱい情報は・・・おっぱいランキング






 地裁前では、井上明彦弁護士が硬い表情で「不当判決」の垂れ幕を掲げると、支援者ら約40人からは「あー」とため息が漏れ、続いて「ひどい」など怒りの声が響いた。原告の下岡幸夫さん(66)の妻延華さん(65)は、こぼれる涙を必死に手でぬぐいながら「中国では文化大革命中などに差別され、日本に戻ってからも日本語が分からないなど苦労は多い。正常な生活を取り戻すため、判決に期待していたのに」と語った。
 原告と弁護団は閉廷後、近くの広島弁護士会館で会見。我妻正規弁護団事務局長は「司法の役割を放棄したと言わざるを得ない不当な判決。即時に控訴して高裁で勝利に向けて闘う」と語った。原告団長の中山文林さん(61)は「提訴から3年7カ月...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070426-00000154-mailo-l34)






◆おっぱい関連ブログ記事

記事にできない赤西仁のウラ - コロコロcubic (4月26日16時57分)

ささやかな決意! - *muku* (4月26日16時51分)

グリムグリモアのヒロインが - 妄想族の巣窟 (4月26日16時50分)



スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi