FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
Cynthia  Witthoft  -  God'  Sexy  Hands
今日のピックアップ♪




■<% rakuten_txt %>■


ラバーフェチ関連ブログ記事


<% rakuten_info %>
<% rakuten_info %>

<% rakuten_info %>
Cynthia  Witthoft  -  God'  Sexy  Hands
"Cynthia  Witthoft""God'  Sexy  Hands""Rectal  Hidden  Tracks  II  -  2002"(Tribute  to  Dream  Theater)日本では、男性のフェティシズムが変態性欲の一つとみなされる事が多い一方、女性のフェティシズムはさほど論じられていない。その事を男性のフェティシズムは市民権を得ているが、女性のそれは認知されていない事の証左であると指摘する意見もある。精神医学的な立場から言えばフェティシズム傾向が認められる患者は圧倒的に男性が多いとされている。様々なフェティシズム・パラフィリアおおまかに言って、物に対する執着はフェティシズム、状態に対する執着はパラフィリアと分類できる。女性の足・脚に対する偏愛  作家谷崎潤一郎が初期の『刺青』から晩年の『瘋癲老人日記』まで、女性の足にこだわりを見せた事は有名。『瘋癲老人日記』(1961年)は、若い嫁の足に踏みつけられる事を夢想し、死んでゆく男性を描いている。フェチを描いた先駆的小説である。  生活の洋風化にともない女性のハイヒールやストッキング姿などに執着するフェティシズムが、日本で一般にも認知されるようになった。欧米では早くからハイヒール・ピンヒールに対するフェティシズムがあったことが1946年から1954年まで発行された『Bizarre』というフェティッシュマガジンに見て取れる。  服装・外見への偏愛  西欧文化圏では拘束具としてロープよりも手枷などが発達し、そうした拘束状態を示す言葉としてボンデージが定着した。SMでも用いられていたパンクファッションに見られた鋲付きの皮革・エナメルの衣装などが、1990年代初め、シャネル、ベルサーチなどがファッションに取り入れボンデージファッションと呼ばれるようになった。アメリカの歌手マドンナもゴルチエのSMボンデージ風の衣装を好んで身に付けていた。  上記のSMボンデージとはやや異なり、レザーウェアの素材である皮革の方に執着するフェティシズムが、男女双方に存在する。欧米、特にイギリスやドイツに専門誌、専門サイトが多い。  女性の下着、タイツ、ストッキングに執着し、秘かに持ち去ってゆく者(下着泥棒)もいる。女性に直接危害を加えるわけではないが、やはり気味が悪いと思う女性は数多い。一般的には布よりも中身に価値があるはずだが、性対象の歪曲が見られる。  男女問わず学生服姿や体操着姿、また医師・看護師の白衣他、職業などを想起させる制服に対する性的嗜好の固着が見られる。アダルトビデオなどの性風俗的なメディアで多用されているために一概に精神医学的な考察はふさわしくない。第二次性徴の折りに性的好奇心が高まることは珍しいことではなく、その象徴としてのセーラー服やブルマーなどへの執着は必ずしも性的逸脱とは言い切れない。あまりに逸脱の見られる場合はフェティシズム的服装倒錯症に分類されることがある。1990年代に生まれたブルセラショップを支えたものはこうした性的逸脱であるという論拠も多いが推測の域を出ない(ブルセラでは女子高生の唾液さえも商品になったが、現在は法規制されている)。  長髪、短い髪、赤髪など髪の毛の長さや色に執着する者も少なくない。また、女性が髪を切る過程に興奮する者も多い。  素材・道具への偏愛  ラバーフェチと呼ばれる天然ゴムやPVCの感触に対する性的嗜好の固着は欧米を中心に発達している。欧米では専門誌も多い。  風船に性的興奮を覚える人が膨らましたり、抱いたり、破裂させたり、等色々な行為をして楽しむ事があり、どうやら、破裂する寸前の洋梨形や、割る事に興奮を覚えるという。自分だけで楽しんでいる人が多く世間には危害を与えない。  状態への偏愛  ウェット&メッシーと呼ばれる、対象の濡れた姿、あるいは泥水や汚泥にまみれた姿に対する偏愛が存在する。  対象の姿のみならず、自身でそういう遊びをする事を好む者も存在する。  煙草を吸う女性、太った異性、妊娠した女性など特殊な状態の対象者に執着する嗜好が存在する。



ふぇちのフェチに戻る
スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi