FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
フェチ 手インフォメーション:イタリアがドナウに沈む=国際親善試合
○オベール シャルドネ "リッチー・ヴィンヤード" ソノマコースト 2004
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000027-spnavi-socc
 イタリア代表はハンガリーで1-3の敗北を喫した。ディ・ナターレのゴールで先制したが、ハンガリーはユハース、ゲラ、フェチェシンのゴールで逆転。

 ブダペストのフェレンツ・プスカシュ・スタジアムで行われた親善試合は序盤から互角の内容で、ハンガリーに世界王者を恐れる様子は感じられなかった。最終的にはイタリアにとって悪い冗談のような結果に終わった。

 イタリアは開始直後にピルロとアクイラーニが惜しいシュート。ハンガリーも徐々に調子を上げ、ハイナルのシュートでゴールを狙った。続いてデルピエロのシュートをGKフュレプがセーブ。


アクイラーニのヘディングは枠をとらえられず、トーニのファインゴールはオフサイドのため取り消しとなった。その後はハンガリーがペースをつかんだものの、バシュコやプリシュキンの前には常にブッフォンが立ちはだかっていた。

 後半にドナドーニが数人の選手を入れ替えると、その効果はすぐに現れた。オッド、マテラッツィ、トーニ、デルピエロに代わって登場したのはグロッソ、バルツァッリ、フィリッポ・インザーギ、ディ・ナターレ。

 後半開始直後の48分にはわずかな幸運の助けも借りてアズーリ(イタリア代表の愛称)が先制点を奪った。ディ・ナターレはアクイラーニからのパスにタイミングが合わなかったが、うまく左足を伸ばしてつま先でボールに触れ、フュレプの届かないコースへボールを押し込んだ。

 失点を喫してしばらくは意気消沈していたハンガリーだが、後半15分には決定的なチャンス...

ニュースの続きを読む






◆フェチ 手関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi