FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
フェチについてのメモ。
長身×美形×美脚尻×コスプレ PART2/星優乃[DVD]【0928店舗限定】
 10月1日は「コーヒーの日」。秋冬の需要期に入り、飲料メーカー各社の販売合戦の火ぶたが切られた。各社はチルド(冷蔵)カップコーヒーや缶コーヒーの新商品を相次ぎ投入、シェア争奪戦に拍車がかかる。その一方で、原料となるコーヒー豆の価格高騰が収益を圧迫しており、経営体力の消耗戦が懸念される。

 各社が成長市場と期待を高めるのがチルドカップ分野。2007年の市場規模は750億円(見込み)とまだ小さいが、年率で2けた台の高い伸びを持続しているからだ。

 シェア54%(06年度)を握る首位の森永乳業は、高級商品「マウントレーニア」シリーズに、砂糖不使用でカロリーを抑えた新商品「プレミア 深煎りアロマ」を16日に追加投入する。


他の2商品と合わせて、シリーズを8商品に拡充し、コンビニなどで“陳列棚ジャック”をもくろむ。

 2位のサントリーは、人気カフェチェーン「スターバックス」ブランドから砂糖不使用の商品「スターバックス ディスカバリーズ パリ」を2日から順次発売する。委託生産工場を2工場に増やして増産体制も整備し、森永を追撃する構えだ。

 缶コーヒーでは、シェア34%と首位の日本コカ・コーラと、16%で2位のサントリーのバトルが熱くなりそうだ。日本コカが先月3日、「ジョージア」ブランドから、熟成させたコーヒー豆を使用した「ヴィンテージ レーベル」を発売。追うサントリーは同28日、エチオピアの生産者農協連合と共同開発した豆を使った「ボス・レジェンドブレンド」を売り出した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)






◆フェチ関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。