FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌え最新ニュース:[EVENT] 【電撃15年祭】大胆むてーき「こはるびより」ステージは肌色多めで大盛り上がり
スーパーロボットパイロットコレクションVOL.3 グレース・マリア・フリード ウエストケンジ(予...
 11月24日に千葉県・幕張メッセで行われた「電撃15年祭」。そのイベントステージで「こはるびより」ステージが開催された。

 「こはるびより」は、メディアワークスが刊行するコミック誌「電撃萌王」で連載中の、みづきたけひと先生原作のコミックを映像化したOVA作品。筋金入りのフィギュアマニア“村瀬貴也”と、そんな彼をご主人様と慕うメイドロボ“ゆい”のハチャメチャな日常がお色気タップリに描かれていく。今回のイベントには、“ゆい”役の喜多村英梨さんと“住友みのり”役の明坂聡美さんが登場。




以下に、そのステージの模様をお届けしていく。

 「わっしょい! わっしょい!」という掛け声とともにステージに登場した喜多村&明坂コンビは、エンディングテーマ「ラブソングかもしれない」を披露。曲の間奏部分で2人が交互に「好きです!」、「好きだよ!」と叫ぶたびに、大きな歓声が起こっていた。そのハイテンションを維持したままスタートしたトークコーナーでは、司会者からの「本作の印象は?」という質問に対して2人同時に「エロいでーす!!」と切りかえしていた。そんな息もピッタリの2人の様子に、観客席からは再び大きな歓声が返ってきていた。

 続いてDVD第1巻の見どころについて話がおよぶと、喜多村さんは「テンションは全編通して高いのですが、しっかりと爽やか萌えポイントもあります...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi