FC2ブログ
ふぇちのフェチ
フェチ中のフェチ、目指します。
萌えについてのメモ。
もえたん オリジナルボイス 目覚まし時計 (予約1月発売予定)
 東京ビッグサイトで「2007国際ロボット展」が開催中だ。ロボットといえば、日本の“お家芸”というイメージが強いが、近年ではアジア圏を中心に幅広い地域でサービスロボットの実用化が進んでいる。今回は、“国際”ロボット展の醍醐味といえる海外製ロボットを紹介しよう。

●ベトナムのピンポンロボ

 まずは、経済発展が著しいベトナムからの参戦。ハイテク玩具メーカーTOSYが開発した「TOPIO」は、卓球が得意なピンポンロボットだ。

 一昔前のロボットアニメを彷彿とさせる外観が、日本人に懐かしい印象を与えるTOPIO。




しかし中身はかなりのハイテクで、全身に20自由度を持ち、卓球のボールを目で追い、軌道を計算してちゃんとコートに入るように打ち返す。また、人間よりも自由のきく手首を生かし、ドライブやカットといった上級テクニックもマスターしている。もちろん電源さえ確保すれば疲れ知らず。卓球の練習には最適だ。

 残念ながら取材時は「調整中」だったため、TOPIOの華麗なラケットさばきを見ることはできなかった。これからロボット展に行く方は、ぜひチェックしていただきたい。

●留守番もできる掃除ロボット

 国内でも愛用者が急増している自動お掃除ロボットだが、韓国では一歩先をいく用途を発案したメーカーがあった。韓国Microrobotは、お掃除ロボットにカメラと無線LAN機能を内蔵。機動性を生かした留守番ロボットに仕上げた。製品名は「RobotCAM」だ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




スポンサーサイト
[PR]

コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kahashi